Community Design

 
 

コミュニティの価値

コミュニティの重要性が語られるのは、今に始まったことでは無いと思いますが、改めてビジネスのシーンで登場するコミュニティについて前置きをすると、企業や団体などコミュニティを仕掛ける側、個人などコミュニティに属する側双方にとって以下のような重要性があります。

community-merit.png

ファン、アンバサダー、サロンなど表現のされ方は時代によって様々ですが、いずれもコミュニティを基盤に共創や双方向の価値提供をコアに据えた、繋がり方の形だと言えます。ノックダイスではコミュニティを成立させ、持続的に活性化させるポイントとして以下の4つの要素に重きをおいて、コミュニティデザインの活動をしています。

community-kf.png
 

コミュニティの立上げから運営までを一括支援

どのような目的やテーマでコミュニティを立上げ、運営者と参加者でどのような相互価値を提供し合うかという設計から、コミュニティに対する集客、コミュニティ内で提供されるコンテンツの設計など一気通貫でデザインさせて頂きます。

community-design.png
 

コミュニティの活用シーン

コミュニテの運営においては参加者への価値提供が最も重要ですが、運営する企業や団体においては、目的やテーマ、KPIが非常に重要となってきます。例えば以下のような目的はコミュニティと相性が良い事例です。

 

ロイヤリティ向上

既存の製品やサービスの利用者のCRMや、コアファンへの付加価値の提供などを行いロイヤリティの向上を目的としたコミュニティ。

パートナーマネジメント

シェアエコサービスのホストサイドや人材サービスの人材プールなどのアトラクトのための定期的な接点の場として。

 

テストマーケティング

新規の製品や企画の実験的な場として、またアンケート等を実施する候補者の選定の場としてのコミュニティ活用。

採用活動

既存の採用市場に現れない潜在的な転職者へのマーケティング活動や、企業のブランド価値を伝えるための場としての活用。

 
 

コミュニティ事例

42912065_1906962329339893_5781544318544117760_n.jpg

subaCO(by green bird)

原宿のど真ん中、神宮前の交差点に認定NPO法人グリーンバードが運営するコミュニティスペースの設計をお手伝い致しました。昼は寄付文化を広めるスポットとして、夜は社会にイイコトにつながる学びを提供する場所としてのコミュニティスペースを展開しています。毎週水曜日はノックダイス代表による、いくつかのコミュニティ運営も行っています。

 

提供サービス一例

イベントの開催

勉強会や講義形式などインプット中心のイベントや、ワークショップやアイディアソンなど参加共創型のイベントなどの開催。単発ではなく連続したブートキャンプ形式の実施なども支援しています。また、TGIFのように単にミートアップを行って、懇親会中心に実施するものなど幅広く設計、実施箚せて頂きます。

オウンドメディア

コミュニティ外にも発信するメディアの構築、運営支援も実施しています。オフラインで開催されるイベント等と組み合わせ、イベントレポートを公開したり、コミュニティに関連する情報発信を行い、コミュニティへの新規参加者の促進や、コラボレーションにむけた仕込み等の実現をサポート致します。

 

共創プログラム

コミュニティの参加者と共に、商品開発を行なうアンバサダー・プログラムのように、共創型の取り組みで顧客の潜在的なニーズを引き出したり、マーケティングの一環としてコミュニティのちからを借り、企業や団体のロイヤリティを高める活動を行います。

オンラインサロン

オフラインのイベント等には参加できない地方へのリーチや、頻繁なコミュニティ手段としてのオンラインサロンの構築や運営支援も行っています。オンラインのツールを活用して、情報発信やアンケートの実施など企業や団体のニーズに応じた活動をサポートしています。

 

ご相談下さい

全くコミュニティが無いところに新規設立し運営までサポートさせていただくことから、既存のコミュニティに対するコンテンツ提供、コミュニティマネジメントのコンサルティング等の部分的な支援まで幅広くサポートさせていただいておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。